夏の暑さから子どもを守ろう

中標津町保健センター
 子どもは大人と違い、脱水症状を起こしやすく、特に乳幼児は体温の調整がうまくできず、気温の影響を受けやすいです。子どもは暑さによる体の不調をうまく伝えることができないため、保護者が子どもの様子をよく観察し、服装や水分補給のタイミングなど注意して見守り、元気よく夏を過ごしましょう。
1.気温や湿度、室温をチェックする
 急に気温が上がった日や日差しが強い日、高温多湿などの情報を得ましょう。室温・湿度も確認しましょう。乳幼児を連れての外出は11時~15時は避け、首や脇に冷たいタオルを当ててあげましょう。
2.食事や水分をしっかり摂らせる
 食事からも水分や塩分を補給しているため、朝食もしっかりと食べさせましょう。外出や入浴、昼寝の前後には水分を補給させましょう。外出時は水筒なども持ち歩きましょう。
3.適切な服装を選ぶ
 汗を吸収しやすく、風通しのよい服を選びましょう。また、外出時は帽子を被らせましょう。
4.子どもの体調変化に気づく
 唇の乾きや、おしっこの量が減っていないか確認しましょう。顔が赤く、ひどく汗をかいている場合は、涼しい場所で十分な休息をとらせましょう。
5.絶対に車内に子どもだけを置き去りにしない
 車内の温度は短時間で一気に上昇するため、エアコンをつけているから大丈夫と思わず、少しの時間であっても絶対に置き去りにしてはいけません。
中標津町保健センター 健康推進課 母子健康係  Tel  0153-72-2733  お気軽にご相談ください。