中標津町植樹祭 兼 ANAの森づくり

植林活動の様子

 中標津町と全日本空輸株式会社(ANA)は、平成22年から平成24年までの3年間の森林保全活動に関する協定を締結し、地元の町民の皆様などと、一緒にボランティア植林活動を行っています。(従来の開陽地区での町植樹祭を兼ねており、平成25年からは、開陽地区に戻る予定です)
 森林の名称は、『私の青空 根室中標津空港・シマフクロウの森』といい、中標津町に生息が確認されている天然記念物のシマフクロウが将来に渡りすめる地域でありたいという願いが込められています。
 3年間の植林活動が終了し、5年、10年後には、上空から『ANA』の文字がくっきりと確認できるかもしれません。

 ここでは、毎年の植林活動の様子をご紹介したいと思います。
  • 1年目・アカエゾマツで『A』の文字を植樹し、周辺はカラマツを植樹しました。

面積   約0.7ha
樹種   アカエゾマツ、カラマツ
本数   約1,200本
参加者  182名(町内外参加者、事務局含む)
開催日  平成22年6月5日(土)午前9時30分~
その他  初年度として、記念看板を設置。町植樹祭を兼ねていることからも、町で記念標柱も設置
  • 2年目・アカエゾマツで『N』の文字を植樹し、周辺はカラマツを植樹しました。

面積   約0.7ha
樹種   アカエゾマツ、カラマツ
本数   約1,200本
参加者  206名(町内外参加者、事務局含む)
開催日  平成23年6月4日(土)午前9時30分~
その他  昨年よりも暖かく、天候に恵まれ2年目となる植樹祭を開催しました。昨年よりも早い時間で、あっという間に植樹が終了しました。
  • 3年目・アカエゾマツで『A』の文字を植樹し、周辺はカラマツを植樹しました。

面積   約0.7ha
樹種   アカエゾマツ、カラマツ
本数   約1,200本
参加者  228名(町内外参加者、事務局含む)
開催日  平成24年6月2日(土)午前9時30分~
その他  最終記念事業として三年間の集合写真の販売を行いました。

1年目の様子

 ANA札幌支店の朝野支店長と小林町長よりご挨拶をいたしました。
 来賓では、根室中標津空港ビル(株)の高砂専務、中標津林活議連の殿守会長からご挨拶をいただきました。
 また、京都大学の徳地先生より青空セミナーとして、森林や環境問題などについてご講演もいただきました。
 記念標柱もみんなで設置しました。
 気温が10℃前後で少し肌寒い中、総勢182名もの参加者及び関係者で、ボランティア植樹を行いました。
 根釧東部森林管理署さんや、根室振興局さん、中標津緑化管理組合さん、中標津町森林組合さんによる植樹指導を受け、それぞれの植樹地区に分かれて、約1時間をかけて植樹が行われました。
 参加者は、互いに記念写真を撮りながら、笑顔一杯!終始なごやかな雰囲気でした。
 植樹が終わる頃には、気温も少し回復し、ちょうどよい運動となり少し汗ばむ参加者も居たようです。
 立派な記念看板を囲み、最後は全員で集合写真を撮りました。
今年は、『A』の文字。来年は『N』の文字となります。3年後が楽しみです。
 1回目に参加された方も、この活動を知り、興味を持たれた方も、H23.6月上旬(予定)にご参加ください。よろしくお願いいたします。

2年目の様子

 ANA札幌支店の渡辺支店長と小林町長よりご挨拶をいたしました。
 来賓として、中標津林活議連の熊倉会長、根釧東部森林管理署の中澤署長、根室中標津空港ビル(株)の高砂専務がご出席くださいました。
 写真は、町植樹祭としての記念標柱を設置している様子です。
 気温が15℃前後で少し動くと汗ばむようなあたたかい天候でした。
 会場には昨年よりも多い206名もの参加者及び関係者が集まり、ボランティア植樹を行いました。また、京都大学の中島先生より青空セミナーとして、森林や環境問題などについてご講演もいただきました。
 みんな、会場に座って真剣に聞き入っていました。
 昨年は植樹に約1時間かかりましたが、今回は35分程度で植樹を終えています。笹の根がきつかったため、今年は、耕転したのがよかったようです。場所によってはフカフカの地面もありました。
 最後は昨年同様、記念看板を囲み、全員で集合写真を撮りました。
 今年は『N』の文字を植えました。
 いよいよ、来年はANAの文字が完成する3年目です。H24.6月上旬に開催予定です。ご参加お待ちしております!!

3年目の様子

 ANA札幌支店の渡辺支店長と小林町長よりご挨拶をいたしました。
 来賓として、中標津町林活議連の熊倉会長、根釧東部森林管理署の井上署長が出席してくださいました。 また、京都大学講師の舘野先生より青空セミナーとして、森林や環境問題などについてご講演もいただき、植樹前には標柱をみんなで設置しました。
 気温が6℃前後と冷たさを感じる中でしたが、最終年度という事もあり、今までで最多の総勢228名もの参加者及び関係者で、ボランティア植樹を行うことができました。
 根釧東部森林管理署さんや、根室振興局さん、中標津緑化管理組合さん、中標津町森林組合さんによる植樹指導を受け、それぞれの植樹地区に分かれて、約30分程で植樹が行われました。
 平成22~24年まで、のべ616名の参加者の皆様と約3,600本の苗木を植樹することが出来ました。中標津町とANA共催の植樹祭も今年で最終年度ということで、最終年記念事業として、植樹終了後は集合写真の販売も行われました。
 10~15年後には上空よりANAの文字を確認できるか思います。中標津空港を利用したときは是非、あなたの青空からシマフクロウの森を眺めて見てはいかがでしょうか。