町の施設と交通


地域公共交通確保維持改善事業の事業評価について
 町では平成27年度から国土交通省の支援制度である「地域公共交通確保維持改善事業」(地域内フィーダー系統確保維持)を活用して、町有バス路線の維持に取り組んでいます。

 地域公共交通確保維持改善事業による支援を受けた事業については、毎年度、自ら事業の実施状況の確認、評価を行い、その結果を地方運輸局に報告しています。
 この評価は、地域公共交通確保維持改善事業費補助金交付要綱第3条第5項の規定に基づき、生活交通ネットワークに基づく事業実施の適切性、目標・効果の達成状況、今後の改善点について、事業の策定主体である中標津町地域公共交通会議が自己評価を実施し、公表するものです。