友好都市(川崎市)

川崎市 [神奈川県]

 平成4年7月 友好都市協定を結びました。川崎市は、人口約140万人の先端産業都市で、プロサッカーチームの川崎フロンターレの本拠地があることでも有名です。
 交流の内容は、お互いのイベント参加、青少年のスポーツ交流、キャンプ交流、町内会交流などをはじめ、学校の研修視察や産業の見学など幅広い交流となっています。
 川崎市は、「ものづくり都市」として、日本の高度経済成長を支え、今日では世界的なハイテク企業や研究開発機関が数多く立地する国際的な先端産業都市へと、大きくその姿を変えています。
 また、東京に隣接し交通利便性の高い本市は、良好な住宅街や魅力ある商業拠点の形成が進み、快適で暮らしやすいまちです。

市章

川崎市の市章は「川崎」の「川」の字を表すだけでなく、市民の歴史とともに流れ続ける多摩川と、それと同じように発展する「川崎市」を象徴しています。

市の花 つつじ 市の木 つばき

○市の花 つつじ    ○市の木 つばき

市民にゆかりの深いもの、親しみのあるもの、都市緑化にふさわしいものなどを考えて、多くの候補の中から市民投票で選ばれました。
(市制50周年を記念して昭和49年12月1日に制定)

シンボルマーク

川崎市シンボルマーク

緑が多く、人々に安らぎを与える街、情熱がほとばしる芸術のある街、温かいハートのある街、魅力と活力にあふれる街を目指す川崎市を表しています。
(市制70周年を契機に平成6年12月17日に制定)