地域おこし協力隊を募集します

お知らせ

「なかしべつ」をデザインしよう!

 北海道東部に位置する中標津町は、人口約23,500人、ひがし北海道の空の玄関口である「中標津空港」を有した、根室地域における交流・物流の中心地です。当町の基幹産業である酪農業においては、全国でもトップクラスの品質を誇る生乳を日々生産し、日本全国に新鮮な乳製品を提供しています。
 また、商工業においては、商圏人口が人口の3倍近く、町内だけではなく周辺エリアの生活基盤を支えています。
 北海道らしい壮大な景色が広がる「開陽台」、2016年に開湯100周年を迎えた「養老牛温泉」、当地ならではの新鮮な「乳製品」など、本町が誇る地域ブランドを活かし、観光振興、交流人口拡大による地域経済の活性化を達成するため、都市地域等から当町における各種の地域協力活動に従事していただく「地域おこし協力隊」を募集します。

募集人員

4名
うち、募集要項に記載する「業務の概要」のうち、(1)(2)(3)の3名は令和元年度採用、(4)の1名は令和2年度採用とします。

募集内容

 募集する業務内容や待遇、申込み期間等については、「中標津町地域おこし協力隊 募集要項」をご覧ください。