「年金生活者支援給付金制度」がはじまりました

お知らせ

 年金生活者支援給付金は、令和元年10月1日からの消費税引き上げ分を活用し、公的年金等の収入金額やその他の所得が一定基準額以下の方の生活を支援するため、年金に上乗せして支給されるものです。

■対象となる方

老齢基礎年金を受給している方

次のすべてに該当する方が対象です。
 ☑65歳以上
 ☑同じ世帯全員が市町村民税非課税
 ☑前年の年金収入額(障害年金や遺族年金は含まれません。)とその他の所得額(給与所得、営業所得など)の合計が879,300円以下

【給付金の額】
 5,000円(月額)を基準として、国民年金保険料の納付月数や免除月数によって計算されます。

障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している方

次に該当する方が対象です。
 ☑前年の所得額が「4,621,000円+扶養親族の人数×加算額(注)」以下
  (注)扶養親族の年齢などによって38~63万円

【給付金の額】
 障害等級1級の方…6,250円(月額)
 障害等級2級の方…5,000円(月額)
 遺族基礎年金の方…5,000円(月額)
 

■請求手続き

平成31年4月1日以前から年金を受給している方

 対象となる方には、9月に日本年金機構から請求書(ハガキ)が送付されています。
 氏名、電話番号など必要事項をご記入のうえ、お早めに日本年金機構へ返送してください。

平成31年4月2日以後に年金を受給しはじめた方

 年金の請求とあわせて請求してください。
 なお、対象となる方で、まだ請求していない方は、日本年金機構へお問い合わせください。

■お問い合わせ

日本年金機構「年金生活者支援給付金」専用ダイヤル
0570-05-4092

≪ご注意≫ 
 日本年金機構や厚生労働省から、電話で口座番号をお聞きしたり、手数料などの金銭を求めることはありません。不審な電話にご注意ください。