中標津町特定不妊治療費助成事業

中標津町では特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた方の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を平成25年度より助成しています。

対象

次の1~4全ての要件に該当する方
  1. ご夫婦の一方または双方が中標津町に住民登録をしている方
  2. 北海道特定不妊治療費助成交付を受けた方
    (助成交付決定の通知書が届いたら3ヶ月以内に申請して下さい)
  3. 他の市町村で同じ治療に対して助成を受けていない方
  4. 町税等を完納している方

助成内容

  • 1回の治療にかかった費用が、北海道特定赴任治療費助成額を超えた場合、自己負担分を助成の対象としています(上限5万円)。
  • 助成回数は年2回まで(初年度に限り3回)、通算5年間での助成回数は10回が上限です。
※初めて申請する方で、治療開始時の年齢が40歳未満の方は、1年間の助成回数の制限はありませんが、通産回数は6回までです。詳しくは保健センター(0153-72-2733)までお問い合わせください。
※中標津町のみの助成は受けられません。北海道特定不妊治療費助成を受けていて、北海道の助成額を超えた場合に該当します。

申請場所

中標津町保健センター

申請に必要なもの

  • 中標津町の申請書
  • 北海道特定不妊治療費助成決定通知書(写し)
  • 治療費に係る領収書(写し)
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(写し)
  • 銀行の口座番号がわかるもの
  • 印鑑

申請の流れ

  1. 北海道(中標津保健所)へ『特定不妊治療費助成』申請

    北海道から助成
    ↓※北海道から助成後自己負担が発生した場合
  2. 中標津町へ『中標津町特定不妊治療費助成』申請

    中標津町から助成