院内でのお願い

町立病院の現状にご理解とご協力を

診療時間内の受診に際してのお願い

 地域医療充実の重要な要素は、医療スタッフ、なかでも医師の確保と地域への定着です。他の地域の自治体病院の例に見られるように、一旦、医師の立ち去りが始まると歯止めがかからず地域の医療は崩壊の危機に直面します。
 
町立病院は地域住民の皆様の協力で成り立っています。医師確保・定着化に向けて今まで以上のご理解とご協力をいただき、町立病院を共に守り育てていくことが安心して住みやすいまちづくりには重要と考えています。
 町立病院の受診に際しては、通常の診療時間内(初診は午前11時まで)に受診しただくことが医師、医療スタッフの負担を軽減することに繋がりますのでご協力をお願いします。

救急外来受診に際してのお願い

 救急外来は、緊急に治療が必要な重症の方々を診るためのもので、時間外診療ではありません。
 町立病院の救急外来は、医師1名と看護師2名が当直勤務し、さらに放射線技師・検査技師・薬剤師なども待機し緊急の呼び出しに備えています。また各科の医師も緊急呼び出しに対応できるよう待機の体制をとっています。
 しかし、実際の受診をみてみると、「日中は仕事で来られなかった」、「日中は待ち時間が長いから」、「前から腰が痛いが薬がない」などの理由で時間外にかかる方がみられます。このような方の受診が増えると、医師・医療スタッフに過大な負担がかかるようになります。その結果、重症患者への対応が遅れたり、過労により翌日の診療に支障をきたす等の弊害が起き、ひいては救急医療そのものの存続を危うくします。
 緊急性のない方、軽症の方は平日の診療時間内に受診していただくというのが原則です。
 いざという時、だれもが安心して医療を受けられるには、町民のみなさまが救急外来の目的をよく理解して受診することが大事です。
 幸い時間外受診者は昨年より少し減少しており、町民の皆様のご理解とご協力が進んだ結果だと思われます。より一層のご協力をお願いします。

全館禁煙について

当院では健康増進法による受動喫煙を防止するため、平成18年4月1日から全館禁煙(敷地内含む)を実施いたしますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

町立病院での携帯電話の使用について

院内ではマナーモードに設定して下さい

外来待合では、周りの方への迷惑防止のため使用禁止です

当院では、限定した場所での携帯電話通話・メール等の使用を許可しております。各階に使用許可区域を表示していますので、お守り下さいますよう、お願いいたします。

使用許可区域

1階正面玄関風除室 ・ 救急外来入口風除室 ・ エレベーターホール
2階エレベーターホール ・ レストラン ・ 理容室
3階入院個室 ・ 家族控室 ・ デイルーム
4階入院個室 ・ 家族控室 ・ デイルーム