牛乳の苦手な方へ耳寄りなお話

 牛乳を飲みたくても、飲むとお腹がゴロゴロしたり、下痢を起こしたりするからダメと言う人いますよね。これは、牛乳の糖質である『乳糖』を消化する酵素『乳糖分解酵素(ラクターゼ)』が少ないか、働きが弱いのが原因だそうです。この乳糖分解酵素は大人になると減る傾向にあり、日本人には10%程度存在するそうで、『乳糖不耐症』と言うそうです。こういう人は、多くの場合、牛乳を温め、毎日少しずつかむようにして飲み、量を増やしていくと、症状は改善するそうです。乳糖をあらかじめ分解した乳飲料もありますが、一度牛乳を沸騰させ、沸騰時に出来たうわみずの膜(膜には熱で形を変えたたんぱく質や乳脂肪の他に、乳糖の成分も大量に含まれています)をとると、ゴロゴロしなくなるそうです。ただ、ちょっと牛乳が薄味になるのが難点ですが。『お腹が・・・・・でもやっぱり牛乳が飲みたい!!という人、一度お試しあれ。