有権者の皆様へのお願い

 選挙運動は、「公職選挙法」という法律により、期間や方法が限定されています。候補者が、選挙運動用自動車から拡声器を使い名前を連呼したり、あるいは拡声器を使用して街頭で演説したりするのも、法律に基づき候補者ができる選挙運動のひとつであり、演説が出来ない施設の規制はありますが、音量の規制は特にされていません。実際騒がしい、と批判を受けることもありますが、候補者にとっては法律で限られた範囲内で、精一杯有権者に訴えようとしていることもあり、選挙期間中は有権者の皆様のご理解をお願いします。