在外投票制度、洋上投票制度

在外投票

 国政選挙(衆議院議員選挙及び参議院議員選挙)では「在外投票」という制度があり、外国にいても投票することができます。
 在外投票をするには、本籍地または日本国内の最終住所地の市町村において在外選挙人名簿に登載され、在外選挙人証の交付を受ける必要があります。登録申請については次のとおりです。
 

登録資格

  • 満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上その住所を管轄する領事館の区域内に住所を有する方。

申請書の提出

  • 申請者本人又は申請者の同居家族等が、直接お住まいの住所を管轄する日本大使館や総領事館の領事窓口に申請してください。その際、申請者本人については旅券のほか登録申請日まで居住していることを証明する書類(住居の賃貸契約書、居住証明書、住民登録証、住所が記載されている電気・ガス等の領収書等)、同居家族等が行う場合は、本人の申請書類以外に申請を行う同居家族等の旅券及び申出書が必要となります。
 在外投票の方法には、次の3つの方法があります。
在外公館投票
 投票記載場所を設定している在外公館で、在外選挙人証等を提示して投票します。投票できる期間は原則として公示日(告示日)の翌日から選挙期日(国内の投票日)の5日前までです。
 ただし、在外公館によっては投票日に間に合うように記入された投票用紙を送るため、投票締め切り日を繰り上げするように指定しているところもあります。
郵便投票
 在外選挙人名簿登録地の市町村の選挙管理委員会から投票用紙の交付を受け、郵便による投票ができます。投票できる期間は公示日(告示日)の翌日からですが、投票所の閉鎖時刻(午後8時)までに投票所に届く必要があります。
帰国投票
 選挙が行われているときに一時帰国した場合や、帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、国内の期日前投票及び不在者投票と同様の手続きで投票ができます。
 投票できる期間は、公示日(告示日)翌日から投票日の前日までです。

洋上投票

 洋上投票は、指定船舶に乗船して、選挙の当日、日本国外を航行する船員の投票する権利を確保するため、ファクシミリ装置を用いて投票することを認めたもので「洋上投票」といいます。
 この制度は、不在者投票の一種であり、衆議院の総選挙と参議院の通常選挙が対象となっています。
 投票の方法は、船内の不在者投票管理者の管理する場所で、立会人の立ち会いのもと、送信用の投票用紙に記載をし、指定区市町村の選挙管理委員会にファクシミリで送信します。
 指定区市町村の選挙管理委員会で受信する投票用紙は、投票の記載部分に覆いが設けられた特殊な用紙であり、投票の秘密が保持されています。
 洋上投票をおこないたい船員は、あらかじめ選挙人名簿のある市区町村の選挙管理委員会から、選挙人名簿登録証明書の交付を受けていなければなりません。
 「洋上投票」を行うことができる期間は、公示日(告示日)翌日から投票日の前日までとなっています。