【申請受付開始】道特別支援金Cと連携した町の支援金の上乗せ給付の実施について

お知らせ

 8月以降の緊急事態措置等に伴う要請により経営に影響が及んでいる幅広い事業者を対象に、時短営業等の協力支援金や国の月次支援金の対象とならない、売上が30%~50%未満減少した事業者を対象とした北海道の「道特別支援金C」の受付が開始されました。
 本町では、道特別支援金Cを道に申請し、給付決定を受けた事業者へ町独自の支援金を上乗せ給付する「中標津町中小企業等特別支援金」を実施しますが、町支援金の活用には、道特別支援金Cの申請が必須です。
 支援金の申請手続きは道が一括対応致しますので、事業者様には申請手続きの負担軽減が図られます。対象となる事業者様には、事業継続に向け、是非申請をお願いします。
 詳しくは、下記道のホームページをご覧ください。

【道:特別支援金Cについて】
■重要
・8月~10月までの間に、道の「緊急事態措置協力支援金」の対象となった飲食店等、又は、国の「月次支援金(売上が50%以上減少)」の給付を受ける事業者は申請出来ません。
■対象者
・令和3年8月~10月のいずれかの月の売上げが対前年比または対前々年比で30%~50%未満減少したもののうち、時短営業等の協力支援金や国の「月次支援金」の対象とならないもの
■支給額
 【法人】20万円
 【個人事業者】10万円

【町:中小企業等特別支援金について】
■対象者
・「道特別支援金C」の申請を行い、道から給付決定を受けたもので、町内本店法人又は本町に住民登録をしている個人事業者
■支給額
 【法人】20万円(特別支援金Cと合算すると40万円)
 【個人事業者】10万円(特別支援金Cと合算すると20万円)
■その他
・特別支援金Cの受給者情報に基づき給付しますので、町への申請手続きは不要です。