NHK放送受信料の減免

1 減免の対象となる方

 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方で、次の条件のいずれかに当てはまる場合は、放送受信料の減免を受けられます(表1)。

表1 受信料減免基準

 (1)全額免除
(障がい者の方が世帯にいる場合)
(2)半額免除
(障がい者の方が世帯主の場合)
身体障がい者●世帯構成員全員が市町村民税非課税●視覚・聴覚障がい者
●重度の身体障がい者
(身体障害者手帳1、2級)
知的障がい者●世帯構成員全員が市町村民税非課税●重度の知的障がい者
(精神保健指定医により判定)
精神障がい者●世帯構成員全員が市町村民税非課税●重度の精神障がい者
(精神障害者保健福祉手帳1級)
(1)全額免除
  • 身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者が世帯構成員であり、世帯全員が市町村民税(住民税)非課税の場合に、全額免除となります。
(2)半額免除
  • 視覚・聴覚障がい者が世帯主の場合に、半額免除となります。
  • 重度の障がい者(身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者)が世帯主の場合に半額免除となります。

2 減免を受けるには

役場で申請をすることができます。次のものをお持ちの上、役場福祉課窓口5番までお越しください。 
(1)印鑑
(2)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
(3)NHK放送受信契約のお客様番号のわかる書類(受信料の領収書など)