除雪に関する質問と回答

Q.道路の除雪作業体制の改善を

私は、中標津町在住者として、道路の除雪作業について改善を願いたく投稿いたしました。
今年も除雪の時期がやってまいりました。そしてこの時期になると毎年、町および関係機関より除雪作業に対する協力文書により町民に徹底されます。
この冬は7項目の協力事項が御座いますが、その主な理由として逼迫した財政を掲げております。しかしこれを理由に面倒な部分を町民に押し付ける方法には疑問を持たざるを得ません。金銭面で大変なのは道、町だけではありません。町民も全員裕福であるとは限りません。そこで協力事項には同意出来ないものがありますので、関係機関には是非改善をお願い致します。

(協力できない事項)
  1. 道路や歩道への雪だしはやめましょう。
  2. 玄関等(間口等)の除雪にご協力下さい。

この2点については、除雪委託業者だけに対する配慮で、町民への配慮に欠けております。1に協力させるのであれば、2については、委託業者が道路除雪の雪を玄関・車庫等の前には絶対に置かないで貰いたいと思います。除雪費は道民、町民の税金から支払われていると思いますが、私達が税負担をし、わざわざ自分の家の前に雪を捨てさせる方法はおかしくありませんか。しかもその雪を場合によっては、更に個人が費用を掛けて機械を頼み排雪しなければなりません。是非改善を願います。
3.除雪作業中は大変危険ですので、除雪車には絶対に近づかないでください。
この事項については、大人の場合は良としても、小学校低学年や幼稚園児には難しいと思います。見張りを付けるなど安全対策は必ず除雪する側でとって頂きたく思います。
以上、この3点について協力し兼ねますので是非改善をお願い致します。

なお、責任ある作業が進められるよう路線ごとの除雪業者を公表願います。

(中標津町・中年男性) 月刊新根室 平成25年1月号掲載

A.道路の除雪作業体制の改善について

協力出来ない事項
1.道路や歩道への雪だしはやめましょう。
2.玄関等(間口等)の除雪にご協力ください。
3.除雪作業中は大変危険ですので、除雪車には絶対に近づかないでください。
改善要望事項
4.責任ある作業が進められるよう路線ごとの除雪業者を公表ねがいます。
 
1につきまして、お答えいたします。日本各地の雪国(降雪地域)における、国道・道道・市町村道の除雪では同じ悩みを抱えております。除雪は限られた時間内で、車両等の通行を確保する作業であり、個人の方が町道等に雪を出されると、除雪の量が多くなり除雪時間が長時間となること、また、除雪後に雪を出されると、路面が凸凹となり通行に支障が生じる事等が発生します。
 
2につきましては、新雪時の道路除雪は除雪車が左右に雪を寄せる作業です。日頃、何気なく通っている町道は不特定多数の方が利用することから、除雪で寄せられた雪は、沿道にお住まいの方のご理解とご協力による共助により、冬道の交通が確保されております。なお、幹線道路の拡幅除雪・路面整正除雪につきましては、グレーダーとタイヤショベルにて作業を行い、間口への堆雪は行わないこととしております。
また、上記2点について協力をいただけないと、排雪しながら行う除雪作業になり、多額の費用と限られた時間に終了しないこととなってしまいます。雪国に住む住民の皆様のご理解を重ねてお願いいたします。
 
3につきましては、除雪作業はダンプトラック等大型の機械で行っており、早朝の暗い時、除雪による雪煙、後進時には運転席からの視界が悪いなど、多くの危険を伴っております。この事から、住民の皆様に除雪作業は危険である事をお知らせしております。小学校低学年、園児の方には、家庭・地域の大人の方から声を掛けていただくなどご協力をお願いいたします。
 
4につきましては、早急に町ホームページにて、町内会等の地区ごとに公表を行って参ります。
 
以上4点につきまして、回答いたします。
 
(建設水道部建設管理課維持係)