4.人工呼吸

人工呼吸を2回行う

1.気道を確保したまま、額を押さえている手の親指と人差指で鼻をつまむ。
2.口を大きく開いて傷病者の口を覆い、吹き込んだ息が漏れないように息を吹き込む。

1回の吹き込みは1秒かけて行い、傷病者の胸が上がるのを確認します。
乳児の場合

口と鼻を同時に覆って吹き込み込みます。
3.いったん口を離し、もう1度行う。

【注意】

  • 口対口人工呼吸を行う際には、出来るだけ感染防護用具を使用してください。
  • 傷病者に出血がある場合や感染防護具を持っていないなど、口対口人工呼吸がためらわれる場合には人工呼吸を省略してすぐに胸骨圧迫に進んでください。