予防接種

 赤ちゃんは、お母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)をもっていますが、発育とともに自然に失われていきます。このため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要がありますが、それを助けるのが予防接種です。

 予防接種には、予防接種法に基づく「定期の予防接種」と「それ以外の予防接種(任意の予防接種)」があります。定期の予防接種は、町内にお住まいの対象年齢のお子さんは公費負担の対象となりますので、原則無料で接種することができます。任意の予防接種は、被接種者と医師との相談によって接種する仕組みになっており、接種費用は自己負担になります。予防接種には、それぞれに適した年齢がありますので、その年齢にあわせ、早めに予防接種を受けましょう。

中標津町の実施する「定期の予防接種」の種類

平成31年4月1日現在

  • BCGワクチン
  • 4種混合ワクチン(DPT-IPV:ジフテリア百日せき破傷風ポリオ混合ワクチン)
  • 2種混合ワクチン(DT:ジフテリア破傷風混合ワクチン)          
  • 麻しん(はしか)風しんワクチン
  • ヒブ(Hib)ワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 日本脳炎ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • 子宮頸がん予防ワクチン
  • インフルエンザワクチン(※1)
  • 高齢者の肺炎球菌ワクチン  
※  接種対象者や接種回数等については、下記のPDFをご覧ください。

接種費用

 接種対象者が、町内の予防接種実施医療機関で接種した場合は無料です。(インフルエンザワクチン及び高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種については、一部個人負担があります。)
 ただし、予防接種法に定められた期間を過ぎると有料になります。
※ 予防接種が受けられる医療機関と予防接種の種類などについては、下記の「予防接種が受けられる町内医療機関」PDFを覧ください。
接種担当医師名については、実施医療機関にて告知しております。

任意の予防接種(自己負担) の種類

  • おたふくかぜワクチン
  • ロタウイルスワクチン
  • インフルエンザワクチン(※2)など
 (※2)  (※1)の(1)及び(2)以外の方。

ワクチンの種類と特徴

生ワクチン

 生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたワクチンです。接種することによりごく軽く感染したような状態にし、免疫をつくります。接種後、軽い発熱や発疹の症状が出ることがあります。
 
  • 麻しん風しん
  • BCG
  • おたふくかぜ
  • 水痘
  • ロタウイルスなど
生ワクチンを接種した後に、別の種類の予防接種を受ける場合の接種間隔

不活化ワクチン

 細菌やウイルスを殺し、免疫をつくるのに必要な成分を取り出して、毒性をなくしてつくったワクチンです。十分な免疫をつけるため、一定の間隔で複数回接種することにより免疫ができます。
 
  • 4種混合(DPT-IPV)
  • 2種混合(DT)
  • ヒブ(Hib)
  • 小児用肺炎球菌
  • 子宮頸がん予防
  • 不活化ポリオ
  • 日本脳炎
  • B型肝炎
  • インフルエンザなど
不活化ワクチンを接種した後に、別の種類の予防接種を受ける場合の接種間隔

日本脳炎の予防接種について

 平成28年4月1日から日本脳炎の予防接種が定期接種になりました。

高齢者の肺炎球菌予防接種について

 2019年度は、次の方のみが定期接種の対象者となり、対象となる方は、個人負担2,000円(接種
料金8,050円のうち6,050円を町が負担)にて、1回のみ接種が受けられます。
 ※ただし、過去に肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)の接種を受けたことのある方は、対象となりません。

2019年度対象者

接種期間:平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日まで
  1. 中標津町民で、2019年度に各年齢となる方で接種を希望される方

    65歳:昭和29年4月2日生~昭和30年4月1日生の方
    70歳:昭和24年4月2日生~昭和25年4月1日生の方
    75歳:昭和19年4月2日生~昭和20年4月1日生の方
    80歳:昭和14年4月2日生~昭和15年4月1日生の方
    85歳:昭和 9年4月2日生~昭和10年4月1日生の方
    90歳:昭和 4年4月2日生~昭和 5年4月1日生の方
    95歳:大正13年4月2日生~大正14年4月1日生の方
    100歳以上:大正9年4月1日以前生の方
     
  2. 接種日現在、満60歳以上65歳未満の中標津町民で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に身体障害者手帳1級程度の重い障がいのある方、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいのある方で接種を希望される方
     ※個人負担分は、接種を受けた医療機関でお支払いください。
     ※生活保護世帯で対象となる方は無料です。
     ※対象とならない方が接種を希望した場合や対象となる期間以外に接種した場合は、任意接種となり全額個人負担となります。公費負担・払戻しはありません。
     ※保険証・免許証など、住所・氏名・生年月日を証明できるものをご持参ください。

子宮頸がん予防ワクチンについて

対象者  小学6年生から高校1年生の年齢に相当する女子
(標準的な接種期間は、中学1年生の年齢に相当する期間です)
接種回数 3回(接種できるワクチンには2種類のワクチンがあり、接種間隔が異なります。)
接種方法 
○2価ワクチン(製品名:サーバリックス)
(標準的なスケジュール)
1回目------2回目--------------------------3回目
   1ヵ月       5ヵ月
 
○4価ワクチン(製品名:ガーダシル)
(標準的なスケジュール)
 
1回目---------2回目-----------------------3回目
   2ヵ月       4ヵ月
 
※ワクチンの十分な予防効果を得るためには、3回の接種が必要です。必ず3回の接種を受けてください。
※途中でワクチンの種類を変更することはできません。必ず初回に接種した種類のワクチン(サーバリックス又はガーダシル)を3回接種してください。
※接種を完了するのに6ヵ月程度かかります。高校2年生相当年齢での接種は定期接種とはなりませんので、計画を立て早めに接種をすすめましょう。
※接種には保護者の同伴が必要です。(ただし、子宮頸がん予防ワクチンの場合は、13歳以上の方が接種する場合において、あらかじめ、接種することの保護者の同意を予診票上の保護者自署欄にて確認できた場合は、保護者同伴の必要はありません。)
※接種を希望するワクチンの取り扱い状況については、事前に医療機関にお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチンの接種の積極的勧奨の差し控えについて

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしておりません。 接種にあたっては、有効性と接種による副作用が起こるリスクを十分に理解したうえで、受けてください。
町外で接種を希望される場合
 里帰り等の特別な事情により、中標津町で予防接種を受けることができない方は、滞在先の市町村で予防接種を受けることができる場合があります。町外で接種を希望される方は、「予防接種実施依頼書」等の手続きが必要ですので、事前にご相談ください。

風しん抗体検査・予防接種(追加的対策)について

風しん予防のため、風しん抗体の低い世代の男性を対象に、風しん抗体検査・予防接種を行います。

2019年度対象者

中標津町民で昭和47年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性の方。
クーポン券を封書にて送付しております。
接種担当医師名については、実施医療機関にて告知しております。