子どもの権利条約

  1. 18歳未満のすべての子どもを対象とする。
  2. 子どもは、人種、性、出身などで差別されてはいけない。
  3. 子どもの成長のために、最善の利益を考慮する。
  4. 親は子どもを守り、指導する責任がある。
  5. すべての子どもは生きる権利を有する。
  6. 両親の意思に反して子どもを親から引き離してはいけない。また、引き離すためには手続きがあり、接触を維持する権利を有する。
  7. 子どもは、自由に考え、自分の意思を自由に表明し、自分を自由に表現し、自由に集う権利を有する。
  8. 子どもは、虐待、放任、搾取等不当な取り扱いから守られる。
  9. 家庭環境を奪われた子どもは、保護及び援助を受ける権利を有する。
  10. からだなどが不自由な子どもは、適した援助を受け、自立及び積極的な社会参加を促進される。
  11. 子どもは教育を受ける権利を有する。
  12. 子どもは遊びやレクリエーションを行い、文化・芸術活動に参加する権利を有する。
  13. 子どもは法律に反して自由を奪われることや、搾取されることから保護される。また自由を奪われた場合も適正に取り扱われる権利を有する。
  14. 締約国は、この条件の内容を大人にも子どもにも広く知らさなければならない。

外務省/国内広報課作成ポスター 「児童の権利に関する条約」を参考