教育長あいさつ

 平成29年10月1日付けで中標津町教育委員会教育長を拝命いたしました。中標津町教育全般の発展充実のため、誠心誠意努めて参ります。どうかよろしくお願いいたします。

 さて、現在中標津町では、コミュニティ・スクールの実践を進めているところであり、さらに、平成32年度からは、小中一貫教育の取り組みを町内すべての学校でスタートいたします。各学校・保護者・地域が一体となった開かれた学校づくりを行い、子どもたちを健全に育てて行けるよう、三者が力を合わせていけたらと願っております。ぜひ、町民の皆様のお力をお貸しください。

先日は、俵橋小学校の学習発表会にお招きいただきました。保育所の子どもたちの可愛らしい演技、小学生の勇ましい太鼓、PTAの皆さんの心温まる合唱など、内容もとても充実しておりました。大道具・小道具の準備から会場設営・後片付けまで、校長先生を先頭に、教職員・保護者・地域の皆さんが力を合わせて行っている様子を目の当たりにしました。まさに、昭和の時代から引き継がれている古き良き学校の姿そのものでした。学校・保護者・地域が三位一体となったコミュニティ・スクールの原点ではないでしょうか。コミュニティ・スクールの実践といっても、必ずしも新たなものを創り上げるということではありません。今まで受け継がれてきたことを継承し、それに教職員・保護者・地域の皆さんが力を結集してより良いものにしていくことが大切なのです。そのことが児童・生徒の健全な成長に必ずや資するものになっていくはずです。
 また、中標津町では、生涯学習と文化振興の観点から、あらゆる世代を対象に社会教育・社会体育分野において、さまざまな事業を実施するとともに、文化・スポーツ施設の整備も随時進めているところです。それぞれのニーズに応じて、積極的にご活用頂ければ幸いです。

 結びに、本町教育へのますますのご理解ご協力をお願い申し上げまして、就任の挨拶といたします。
中標津町教育委員会教育長
山田 康司