武佐岳・標津岳

武佐岳(標高1,005.2m)

 中標津町のシンボルでもある武佐岳は、北海道の百名山にも選ばれています。
 頂上からは、北海道遺産「根釧台地の格子状防風林」や「国後島」「野付半島」などを望むことができます。
■ 登山口から頂上までの距離 >>> 約5.6キロメートル
■ 標準所要時間 >>> 約2時間30分
■ 山開き >>> 6月第2日曜日

標津岳(標高1,061m)

 中標津町の奥座敷「養老牛温泉」にほど近い標津岳。
 頂上からは「屈斜路湖」や「斜里岳」などを望むことができます。
■ 登山口から頂上までの距離 >>> 約6キロメートル
■ 標準所要時間 >>> 約3時間00分
■ 山開き >>> 6月第1日曜日

登山をするときの注意事項

登山をする際には、以下の点にご注意ください。
服装・靴
頂上の気温は山麓よりも10度近く低いので、防寒具を用意しましょう。雨具の用意も忘れずに。
靴は登山靴がベストですが、ない場合は靴擦れしないようなフィット感のある靴を用意しましょう。
クマよけ
武佐岳・標津岳はクマの生息地でもあります。鈴やラジオを携行し、クマに自身の存在を知らせましょう。
体調の確認を
登山当日の朝、少しでも体に異変を感じた時は登山を控えるようにしましょう。
登山者名簿
武佐岳・標津岳ともに、登山口付近に登山者名を記載する名簿を用意しています。登山をする際は必ず記載してください。
飲み物と非常食
登山道の途中、水が飲める場所はありませんので、飲みものは必ず携行しましょう。いざというときの非常食や熱中症対策用のアイテムも持参しましょう。
応急処置
ケガや靴擦れを想定し、消毒液や絆創膏、包帯などの応急処置ができるキットを携行しましょう。