牛乳消費拡大

1.目的

 国民の飲料嗜好が豆乳やペット茶等へ変化するとともに、牛乳の消費拡大は低迷を続けている。また、少子化により学校給食の対象児童生徒数の減少に伴い、給食用の牛乳も減少を続けている。
 また、脱脂粉乳やバターの過剰在庫を抱え、更には、平成18年度から13年ぶりとなる牛乳の生産調整がなされている。
 本町の基幹産業である酪農が永続的に発展し、生産者が安心して営農に取り組み、今後も意欲ある担い手の育成確保を図って行くことが町の発展につながる最重要なことである。
 そのためにも、生産者をはじめ、農業団体、商工業者、消費者、行政等が一体となり、牛乳・乳製品の消費拡大に取り組んでいかなければならない。

2.事業内容

  1. 牛乳・乳製品のPR(支援)
  2. 牛乳・道産米の消費拡大交流事業
  3. 消費拡大キャンペーンの実施 等

3.経過

平成18年6月「中標津町牛乳消費拡大推進委員会」を設置

構成
中標津町農業協同組合、計根別農業協同組合
中標津町商工会、中標津町消費者協会
中標津町全町内会連合会
根室農業改良普及センター北根室支所
雪印乳業(株)中標津工場、明治乳業(株)西春別工場
中標津町

4.平成26年度事業

  1. 中標津空港ウエルカムミルク
    8月6日~9月12日、9月7日~9月8日の間で17回実施
     
  2. 牛乳乳製品と道産米の消費拡大交流
    『びばい歌舞裸まつり』会場にて乳製品のPR販売、
    『まちなか賑わい秋の陣』会場にて美唄産米のPR販売
     
  3. なかしべつ丸ごと食堂
    冬まつり会場にて『じゃがまるパン・なかしべつビーフ・ミルキーポーク』を使ったハンバーガーを販売。
     
  4. 『日本ハムファイターズ うまいっしょグランプリ参加』
7月11日~13日札幌ドームにて(大判しいたけチーズ焼き)を販売。16市町村の参加の中グランプリを獲得。 

5. 牛乳消費拡大キャンペーン
「牛乳を買ってプレゼント当てよう!」キャンペーンの実施
応募期間27年2月6日(金)~2月26日(金)
応募総数 3,118通

過去の消費拡大に向けた取り組み

(1)牛乳を買ってプレゼント当てよう!
(2)なかしべつ丸ごと食堂

地産地消の取り組み
  • じゃがまるパン(ジャガイモ、小麦)
  • ハンバーグ(ミルキーポーク)
  • キャベツとコーンのサラダ(キャベツ)
  • なかしべつ牛乳
  • なかしべつ野菜のホワイトシチュー(ジャガイモ、カボチャ、タマネギ、ベーコン、生クリーム、中標津牛乳)
(3)「白いプリン大作戦」への参加支援
 
  • リクルートじゃらんヒロ中田編集長の呼びかけにより根室管内の菓子店及び農業高校が牛乳を使いプリンを作成、特産の一つとして発表された。
(4)根室ウエルカムミルク運動のPR
 
  • 中標津空港にて、東京からの到着便で降り立ったお客様に、地元の牛乳を無料配布(JA中標津、青年部、女性部、中標津町)
(5)牛乳を使った地元素材で新しい料理の開発応援
 
  • ミルキーラーメン

ミルキーラーメンスタンプラリー
※スタンプラリーは終了しております。
(6)牛乳・乳製品と道産米の消費拡大交流
 
  • 美唄市「歌舞裸まつり」会場での牛乳、乳製品のPR・販売
  • 中標津町「まちなか賑わい秋の陣」会場での道産米消費拡大PR
    交流先(美唄市・JA美唄・JA峰延)