中標津町鳥獣被害防止計画

 道東はみどり豊かな広大な森林と、数多くの山々や河川など豊かな自然環境に恵まれ、タンチョウやエゾシカ、ヒグマなど北国らしい多様な動物の生息地となっています。

 中標津町では、人と自然と街の共生をテーマに住民生活や産業活動に被害を及ぼす鳥獣(エゾシカ)について対応の基本方針などを定めた、『中標津町鳥獣被害防止計画』を策定しました。

 第1期の鳥獣被害防止計画は、平成20年度に策定され、平成22年度までの3ヵ年の計画期間でエゾシカを対象鳥獣としていました。第2期の計画(平成23年度~平成24年度)では、銃器によるエゾシカ有害鳥獣駆除の拡充図りました。今回の第3期の計画(平成25年度~平成27年度)では、エゾシカに加え、新たにカラスを対象鳥獣とし、中標津町鳥獣被害対策実施隊の組織化による有害鳥獣駆除の拡充を盛り込みました。

 また、市街地へ侵入するエゾシカにより、交通事故や、歩行者(通勤・通学等)との接触などによる危険性が懸念されていますので、東24条北1丁目の町有地に囲い罠を設置中です。
 家庭などの畑や庭木の食害等の対策を含めて、市街地周辺でエゾシカを捕獲する計画を盛り込んでいることが特徴です。

根室管内エゾシカ対策協議会 被害防止計画

根室支庁管内エゾシカ対策連絡協議会の被害対策部会鳥獣被害防止計画は、下記のページをご覧ください。
 全道のエゾシカは、平成24年度で59万頭以上生息していると言われています。その農林業被害額は60億円を超えています。

中標津町では、有害駆除のみならずエゾシカを食肉用として有効活用することを推進しています。エゾシカ肉は低脂肪で、豊富な鉄分を含む貴重な食材として、学校給食にも試験的に導入されてました。