大規模盛土造成地マップについて

 平成7年の阪神・淡路大震災、平成16年の新潟中越地震などでは、谷や沢を埋めた大規模な盛土造成地(大規模盛土造成地)において、滑動崩落による被害が発生しました。
 この様な地震による災害を未然に防止、軽減することを目的として平成18年に宅地造成法が改正され、「宅地耐震化推進事業」が創設されました。
 中標津町でも国の指示に従い「宅地耐震化推進事業」の取り組みとして、国土交通省が作成したガイドラインに沿って調査を実施し、大規模盛土造成地マップを作成し公開いたしました。お住いの場所について関心をもっていただき、地震への備えとして、本マップをご活用ください。

大規模盛土造成地マップのダウンロード

大規模盛土造成地とは

 大地震時には大きな被害が生じるおそれのある盛土造成地は、過去の地震時の被害事例から、以下のいずれかの要件に該当するものを大規模盛り土造成地として位置づけています。
盛土画像

滑動崩落とは

 地震時に盛土造成された谷底付近や盛土内部を滑り面として、盛土造成地の全体または大部分が斜面下方向へ滑ったり崩れたりする現象です。
滑動崩落画像

大規模盛土造成地マップとは

 宅地造成前後の地形図や空中写真などを重ね合わせ、その標高差や地形情報から大規模盛土造成地を抽出し、概ねの位置や範囲など分布状況を示したマップです。
 マップに示した箇所が必ずしも危険というわけではありません。
手順画像
※町域のうち、農地や森林、公共用地などを除いた範囲を調査対象区域としています。
※地形図の精度及び過去の地形との重ね合わせの誤差を含んでおり、実際の状況と異なる
 場合もあるため、本マップは個々の敷地までを厳密に特定するものではありません。

大規模盛土造成地に関するQ&A

Q1公表されたマップに示されている箇所は危険ということですか?
A1:公表しているマップは、町内に分布する大規模盛土造成地の概ねの位置と規模を示したものであり、マップに示した箇所が地震時に必ずしも危険というわけではありません。
Q2公表しているマップでは、自分の敷地が大規模盛土造成地の範囲にあるかよくわかりません。
A2:大規模盛土造成地マップは、大規模盛土造成地の概ねの位置と規模を示したものです。個々の敷地まで特定するものではありませんのでご了承ください。尚、個々の大規模盛土造成地の詳細については、今後の調査で把握していきます。
Q3:大規模盛土造成地に含まれる土地を取引する際に何か特別な手続きは必要ですか?
A3:大規模盛土造成地に含まれているからといって、特別な手続きの必要はなく、建築物の建築に際しても、特別な規制はありません。
Q4:中標津町は、「宅地耐震化推進事業」について、今後どのような取り組みを行うのですか?
A4:今後は今回把握した大規模盛土造成地について、安全性に関する調査を実施する予定です。

宅地の耐震化に関するリンク集