Nakashibetsu Municipal folk Museum

川の名の由来

標津川筋

チナナ川

俵橋地区を流れる川。
「干鮭」の意味を持ちます。
トバを作っていた場所なのでしょう。

タワラマップ川

中標津市街を流れる川。
「林の・内に・ある・川」と考えたい、と町史に掲載されている。
古文書にはアシタロマフ、フシコアシタロマフと2つが記載されているものもあるが、位置的に前者がタワラマップ、後者がマスミ川。

ショカンナイ川

「ショ」を「ソ」とすれば滝か落差のある場所ということになり、「カ」は上という意味であるので、「滝の上の川」ということになるが、一見そういった場所はなさそうに見えるが・・・。

ポンリウル川

1882(明治25)年に事業を開始し、昭和51年まで使用されたさけ・ます孵化場のあった小川。
ポンは「若い、小さい、子である」で、リは「高くなる、高くある」、ウルは「丘」なので、「高い丘から来ている川」、または「両岸が高い丘になっている川」ということになる。
少し上流にはオンネリウル川がある。
※オンネ=「老いた、大きい、親である」

チライワタラ(リ)

標津川とポン俣落川の合流地点の対岸にあたる。
この地名はすでに死語となっているが、江戸末期から明治初期にかけて存在していた旧斜里山道の止宿所のあった場所で、その後原野名として「中割(チライワッタリ)原野」としても使われた。
チライは魚の「イトウ」で、ワッタリは「淵」であるので、「イトウがたくさん集まる淵」であろう。

モアン川

近くにポンモアン川、モアン山がある。
モは「静かである。あるいは静かになる」と、「小さな」の意を表す。
アンは「ある。いる」、また完動詞について「われ(ら)」の意がある。
鷲を捕る小屋もアンというが、「静かである川」という意味か、「小さな鷲捕り小屋のある川」という意味かは不明。
ポンモアン川があることから、ポンの「小さな」と、モの意味が重なってしまうので、モの意味は別にあるとも考えられる。
養老牛温泉の古いパンフレットにはアイヌの古老の話として、鷲のことに触れているので、あるいは「小さな鷲捕り小屋のある川」というのが的をえているのかもしれない。

パウシベツ川

養老牛の裏温泉にある川
シタバヌプリ山を水源とするもので、「頭の(かみて)の標津川」であろう。

モシベツ川

標津川最上流にある川
モアン川でも触れたが、モは「小さな」という意味を持つ。
「小さき標津川」

ケネカ川筋

カンチウシ川

『永田方正地名解』では「櫂ヲ置キタル処!」で、『知里地名アイヌ語小辞典』では雨が降って最初にドッと下る出水がそこにいつもある所」、松浦武四郎の『廻浦日誌』では「地名カンは当たる事也。チは刺すと云事、ウシはささると云事、合わせて“当たり刺さる”と云なるべし」とあり、加賀伝蔵の『萬覚帳』には「カン・チウイ・ウシ、石・弓矢・テッホ・当ル、突所、熊鹿狩取処」とあり、いずれの解釈が妥当であるのか、今のところは不明

ケネワッカ

現在計根別の水源となっている湧水の場所。
ケネは「ハンノキ川の水が湧いて溜まっている所」の意味。

武佐川筋

イロンネベツ川

イロンネの意味は不明だが、草深いとか、ササがたくさんある、茂るなどが語源かもしれない。
『北海道地名誌』では「クマをたくさんとる沢の意か」としている。
ちなみに、この川付近は、現在もヒグマが多く出没するエリアである。

クテクンベツ川

『知里アイヌ語地名解』では、「仕掛弓の垣のある沢」(斜里川支流のクーテクンナイ)、『永田方正地名解』では「柵川、柵を設けて鹿熊を取る所」、『志辺津日誌』では「クーテクンは即ちアマポ(仕掛弓)の仕掛あることを云り」とある。
いずれにしても「仕掛け弓を仕掛けた沢」と解することができる。


TOPページへ このページの先頭へ


  1. リンクはトップページ"index.htm"にお願いします
  2. ページや画像などへの直接リンクはご遠慮ください
  3. 掲載内容・写真の無断使用を禁止します
中標津町郷土館へメールを送る